月光山泰雲寺

住職 富田哲宗老師

かつて大本山総持寺で単頭を勤めた碩学で、総持寺東堂板橋禅師のお弟子さんです。

 山口県山口市下小鯖鳴滝の泰雲寺は始め闢雲寺と称し、応永11年に開創された。その後永享元年大内教弘卿の時代、3世覚隠永本禅師により現在地に移転された。 防長5刹の1に数えられ、江戸時代に防長二州僧録司が置かれた。

最初は大内教弘卿の菩提所であったが、後に小早川隆景卿御夫妻の菩提所となり、隆景卿の法名により泰雲寺と改められた。
  開山は石屋真梁禅師。江戸時代までは門派600カ寺の総本寺として、代々輪住(末寺、門派の僧侶が一年交代で住職を務める制度)が行われてきたが、度重なる火災のため、復興が追いつかず、今回住職となられた独住第 7世関口道潤老師の後を受け継いだ富田老師にその復興の願いが託されています。

石屋真梁禅師

 鳴滝月光山泰雲寺庫 裏

   泰雲寺月例禅を聞く会 (一般対象坐禅会)
☆毎月第一土曜頃(都合により変更する場合があります)
午前9時〜11時
読経、法話、坐禅

   ご希望の方は083-927-0458泰雲寺までお申し込み下さい。

泰雲寺への交通

〒753-0212
山口市大字小鯖2358番地
泰雲寺

新幹線「小郡駅」にてJR「山口線」に乗り換え約20分「山口」で下車、JRバス「防府駅」行きに乗り、約15分「鳴滝(なるたき)」バス停で下り、徒歩約5分。 自家用車の場合は、国道「山口」インターから約3分。山陽道「防府東」インターから約7分で到着。山内は自家用車なら30台程度は駐車できます。

 国道262号を防府方面に進み、左手に出光を過ぎると少し小さいが、「鳴滝園」という看板がある角を左折し、道なりに進むと正面に山門が見える。山門手前を右に山手の方に進むと鳴滝がある。

 

戻る 寺院紹介へ ホームへ 内山興正老師のページ

BGMはERIXIR’s[F.タルレガ作曲「ラグリーマ」(涙)]

推奨音源はローランドSC88系、※無断転載禁止