たからのくら

延命の御名を唱えて来るひとぞ 宝の蔵に入りとのの里

延命山宝蔵寺のページ

 韮崎市円野町入戸野957

「たからのくら」とは、上にスクロールしている宝蔵寺のご詠歌 から取ったものです。

宝蔵寺は、韮崎市の西部地区にあります。釜無川を見下ろす、入戸野地区の丘の上にあります。

山号は延命山、本尊は地蔵菩薩、脇に等身大の守護菩薩「虚空蔵菩薩立像」があります。

過去帳によれば、文和3年2月創立、元は真言宗で、北巨摩郡逸見上黒澤に寺跡が有り、

天正年間の頃武田信玄公の時、武川筋入戸野村半縄田に移転、このとき

曹洞宗に転宗し、大八田村清光寺9世萬愚玄蹴禅師を開山として迎える。

寛永3年5月火災により焼失、その後守護菩薩として虚空蔵菩薩立像を拝請。

寛文8年3月当寺3世止休瑞頓和尚により現在地に本堂その他を建築、

昭和10年頃高木秀岳和尚本堂を改築、その際屋根を萱葺きから現在の瓦葺に改修。

昭和56年、春外岱仙和尚、現在の庫裡に改築、現在に至る。

円野体育祭初優勝 H12/5/3

入戸野始まって以来の快挙!円野体育祭での初優勝です。

元気な入戸野の子供達

ホームへ

寺院紹介へ戻る 本堂新築 曹洞宗青年会へリンク

BGMはさんの「モルダウ」※無断転載禁止